本文へ移動

社員インタビュー

営業スタッフ

入社動機について

S・Mさん 2015年入社
クルマに興味を持っていたことが大きかったですね。そのため、最初は栃木県内の自動車販売会社を中心に就職活動を行っていました。ところが、活動をしている過程で、地域の安全で快適なカーライフを支える仕事ができるのは、自動車販売会社だけでないと知ったのです。それが自動車部品を扱う会社でした。
なかでも当社は、トップシェアを持つトヨタ車の部品を扱っていて、かつしっかりした教育体制が整っていました。トップシェアを持っているということは、地域で一番、豊かなカーライフの貢献ができるということです。また、教育体制が充実しているので、自分でやる気を持って取り組むことで、着実にスキルアップできると思ったのです。

仕事内容について

当社の営業スタッフは、部署によって担当するお客様が異なります。私の場合は、一般の自動車整備工場やサービスステーションなどへの営業活動を行っています。担当するエリアとしては、小山市の間々田地区や野木地区など。エリア別に担当することで、効率よくお客様を定期的に回る“ルートセールス”に取り組んでいます。
具体的には、発注をいただいた商品を配達しながら、お客様のご要望をヒアリング。それにあった提案を行っています。また、車検や点検整備等でよく使う部品については、在庫として常備することを提案。こちらで定期的に商品を補充する在庫管理を行い、お客様が迅速に整備ができるようサポートしています。

販売店フィールドスタッフ

入社動機について

M・Sさん 2002年入社
大学時代には経営学部でマーケティングを学んでいたのですが、そうした経験を生かせる会社に就職したいと思っていたところ、トヨタ部品栃木共販という会社を見つけ、入社試験を受けました。
正直に言いますと、入社試験を受けた時点では、この会社はどんなことをやっているのか、はっきりとは理解できていませんでした。でも、仕事内容についての説明を受けると、この会社では部品を販売するルートをいくつか持っていて、そのルートに合わせて“販売戦略を考える必要がある”ということが分かったのです。それまでは漠然と“トヨタ車の部品を売っている会社”というイメージしかなかったので、結果的にこれが入社の一番の決め手になりました。

仕事内容について

販売店フィールドスタッフの役割は、栃木県内に5社あるトヨタディーラー(栃木トヨタ、栃木トヨペット、トヨタカローラ栃木、ネッツトヨタ栃木、ネッツトヨタ宇都宮)のプロモーションなどを推進することです。私の担当はネッツトヨタ栃木です。
具体的な業務としては、担当している会社の各店舗を訪問。現場のニーズを吸い上げ、それをもとに売上げアップにつながるキャンペーンやイベント等の販売促進企画を本部に提案していく仕事になっています。つまり、私の提案を通してお客様の売上げが伸びれば、当社の売上げもアップするというWIN−WINの関係が築けるので、とてもやりがいがあります。

店頭スタッフ

入社動機について

A・Uさん 2007年入社
実は私、中途入社なのです。前職では、電話応対が中心の営業事務をしていました。仕事自体には、とてもやりがいを感じていたのですが、その会社は今で言う“ブラック企業”。仕事が夜遅くまでになることもよくあって、このままでは長く働き続けることができないと思ったのです。
そこで転職活動をスタート。知人から紹介された1社が当社でした。知人が言うには、社員を大切にする会社で、残業もほとんどなく、とても働きやすい職場とのことでした。将来、結婚して子どもを産んでも仕事を続けたいと思っていて、かつ仕事も前職で培った電話応対のスキルを発揮できる環境だったので、思い切って当社に転職することにしたのです。

仕事内容について

店頭スタッフの役割は、電話でお客様から注文や問い合わせを受けたり、実際に部品の注文や引き取りのために店舗に来られたお客様に応対したりすることです。当社では、ディーラーや修理工場などのお客様ごとに担当営業スタッフがいて、お客様の注文に直接対応することも多いので、店舗でお客様とのやりとりすることは、それほど多くはありません。そのため、業務は電話での応対が中心になります。
心掛けているのは、相手を気遣う気持ちを忘れないことです。電話だと、どうしても顔を見ることができないので、おろそかになりがちなのです。それを忘れてしまうと、私の電話応対でお客様を不愉快にさせてしまうことにもなりかねません。

物流管理スタッフ

入社動機について

K・Yさん 2003年入社
埼玉県の出身ですが、栃木県の大学に進学したことから、学生時代はずっと栃木県で1人暮らしをしていました。そのとき、とても暮らしやすかったので、就職活動でも自然と県内の企業を中心に考えるようになったのです。
そして、栃木と言えば、全国でも有数の自動車王国のひとつでもあります。ビジネスや暮らしの足として、クルマは欠かすことができません。そこで、自動車関連の企業研究を進めるなか、当社の存在を知ったのです。実際に会社説明会に参加してみると、自動車部品の安定供給を通して、安全・快適なクルマ社会を支えている会社であり、採用担当者の人柄から感じた社風も自分に合っていると感じたので入社を決めました。

仕事内容について

主な仕事は、部品の入出庫になります。本社の部品センターから送られてきた部品をチェックし、倉庫に納める。そして、お客様からご注文いただいた部品を倉庫から探して出荷する、それの繰り返しです。加えて、部品の品質管理も重要です。部品に不具合があった場合などの対応業務も担当しています。
また、物流の管理者として、実際に作業を行うスタッフが“働きやすい環境を作る”ことも、大切なミッションです。トヨタ自動車グループでは「カイゼン(改善)」の名のもとに、より効率的な職場環境作りを推進していますが、当社でも自分が良いと思ったアイデアは上司に相談した上で実践し、作業者が働きやすい環境作りに努めています。
TOPへ戻る